胚芽米-福島県 会津産こしひかりを使用したはいが精米を販売
福島第一食糧卸協同組合

サイトマップ
HOME商品紹介組合の紹介リンクお問合せ

HOMEはいが健康ニュース9>新着ニュース9

 

新着ニュース9

 

  

  • 動脈硬化の進行度合がわかる「血管年齢」を調べるための機械で、指先の脈波

    

   くは)を測る「加速度脈波計」というが注目を集めている。

 

  この「血管年齢」の提唱者、高沢謙二・東京医科大教授によると、血管年齢が実年

  齢より11歳以上高い場合は、動脈硬化が進行している疑いが強いという。

 

  予防の基本は危険因子を減らすことだが、動脈硬化の危険因子としては 

 

   @ 高血圧  A 糖尿病  B 高脂血症  C 喫煙   がある。

 

  これらの危険因子を減らすほか、動脈硬化の予防即ち、血管若返りの方法として

 

   @ よく歩く A 腹八分目 B ストレスをためない C 睡眠不足を防ぐ

 

   D 脂肪を摂り過ぎない E 野菜・果物・魚を食べ、ビタミンミネラルを摂る

 

   F 脳血流をよくするため、趣味を持ち、頭を常に使うようにする

 

  ことを提唱している。

 

 (参考文献 毎日新聞 2007年9月21日 朝刊)

 

 

  • ピロリ菌感染した日本人の96%が胃がんになりやすい体質との調査結果が出た。

 

   名古屋大学の浜島信之教授によると、日本人とブラジル在住の日系人約1500人を対

 

  象にした遺伝子を解析した結果、ヘリコバクター・ピロリ菌に感染すると96%の日本

 

  人が胃がん発症のリスクが高まる遺伝子タイプだったという。

 

  日本人は積極的にピロリ菌の除菌をした方がよいと浜島教授が話している。

 

 

  (参考文献 日経 ネット )

 

 
福島第一食糧卸協同組合 福島県福島市方木田字仲田23-3 TEL.024-546-3535(代表)
Copyright 2006 daiichisyokuryouorosi kyoudoukumiai.All rights reserved