胚芽米-福島県 会津産こしひかりを使用したはいが精米を販売
福島第一食糧卸協同組合

サイトマップ
HOME商品紹介組合の紹介リンクお問合せ

 

HOMEはいが健康ニュース5>新着ニュース5

 

 

新着ニュース 5

 

・胃の中に生息するヘリコバクター・ピロリ菌が、胃粘膜を壊し、胃炎や胃潰瘍、胃癌を

引き起こすことに関与するたんぱく質「PAR1」を、北海道大遺伝子病制御研究所の

畠山昌則教授らのチームが特定したとイギリスの科学誌ネイチャーに発表することに

なったと読売新聞が報じた。

ピロリ菌は内部にCagAというたんぱく質持っていて、胃粘膜の上皮細胞に付着してCagA

を注射針のようなトゲで打ち込むと、細胞結合にかかわるたんぱく質「PAR1」にとりつき

、その機能を失わせることを確認したという。

その結果、上皮細胞がはがれ落ち、進行すると胃炎や胃潰瘍を引き起こすという。

CagAが細胞増殖を制御するたんぱく質に取り付くと、上皮細胞が異常に増殖し胃癌発症

の原因となることもわかったということである。

 

・福島民友新聞社主催の「女性のための社会科教室」が6月6日(水)に開催されますが、

福島第一食糧卸協同組合では、これに参加する女性を対象に増田理事長の「はいが精米

健康講演」を行う予定です。増田理事長自身の闘病からの社会復帰・はいが精米を食べて

健康増進をはかるまで・・・の実体験をまじえた講演が毎回好評を得ていることから、今回も

期待が高まっています。

 

 

HOMEはいが健康ニュース5>新着ニュース5

 
福島第一食糧卸協同組合 福島県福島市方木田字仲田23-3 TEL.024-546-3535(代表)
Copyright 2006 daiichisyokuryouorosi kyoudoukumiai.All rights reserved