胚芽米-福島県 会津産こしひかりを使用したはいが精米を販売
福島第一食糧卸協同組合

サイトマップ
HOME商品紹介組合の紹介リンクお問合せ

HOMEはいが健康ニュース>胚芽米教養講座7

 

胚芽米教養講座7

「食事と体の栄養」

女子栄養大学栄養学部長

五明紀春教授

(「平成10年3月25日、福島市民会館にて講演」をもとに編集採録)

第7話

ビタミンE<後編>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ビタミンEは老化防止のビタミン」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 話をもとにもどして、ビタミンEは、体内における酸化防止をする上で最も重要な食物由来の

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

成分、というふうに位置づけられています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 人間は、動脈硬化あるいはガンにならなくても、年を取ると細胞の機能が低下してきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いわゆる老化という現象です。この老化も、煎じ詰めていえば、長い間に体の中に傷がたまっ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

てくる、という解釈されます。つまり、常時、体の中で交通事故が起きている。体はそれを最低

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

限に抑えようとしているけれども、百回に一回、あるいは千回に一回は交通事故が起こり、長

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

い間に小さな傷が蓄積していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 体の組織は、多くの部分は新陳代謝していますから、壊れた場所を修復して、新しい組織に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作り替えられていきますが、残念ながら神経細胞にはそれがない。神経細胞は子供の頃に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある数が出来ると、新陳代謝が起こりません。ですから、神経細胞の傷はたまっていく一方で

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それから、眼球のガラス体も新陳代謝が起こりません。ですから、ガラス体で起こる小さい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

交通事故による傷は年々蓄積していきますから、人間は年を取ると目の透明度が低下して

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きます。白内障という恐ろしい病気が糖尿病などで起こりますが、これは急激にガラス体に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

傷がいっぱい出来て、磨りガラスのようになって見えなくなるわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このように、老化に伴う体内の酸化によるダメージが蓄積していく。これをどうやって遅らせ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

るかという時に、ビタミンEが非常に重要な因子となります。ビタミンEが、俗に老化防止のビ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タミンとか若返りのビタミンといわれるのは、そのためです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ビタミンEは、そのほか、例えばコレステロールを下げるとか、いろいろな働きがありますが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最も基本的かつ重要な働きは、体内の酸化反応に伴う傷の蓄積を消去する、あるいはそうい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

う事を起こるのを防ぐことにあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 胚芽精米の一粒一粒は、ビタミンEを非常にたくさん持っており、白米にしてしまいますと、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビタミンEはゼロに等しいと言っていいくらい、ほとんどなくなってしまいます。先ほど私は、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビタミンB1は若者たちに重要な意味があると申し上げたわけですが、高齢者の方々には

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビタミンEの効用が非常に大きい。これをみなさんに是非理解していただいて、胚芽精米を

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多角的に見ていただきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ビタミンB1、ビタミンEの話をしたわけですが、胚芽の部分には、それ以外に、ビタミンB2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

、ナイアシン、B6等、B群のビタミンがたくさんあります。B群のビタミンは一つ一つが重要な

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

働きをしていますが、これが不足すると体の見える場所に変化が起こります。例えば皮膚が

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

荒れてザラザラしたりカサカサする。動物の実験をしてみると、B群ビタミンが欠乏あるいは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不足すると、毛並みが悪くなり、ツヤがなくなる。そういうことが目に見える変化として表れて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 胚芽精米のあまり言われていない効用として、これを常食すると肌の状態が非常によくなり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ます。女性の表現でいうとお化粧ののりがよくなる。非常に軽いB群ビタミンの不足は、まず

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

肌に表れるということをみなさん承知していただければと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ですから、私はよくたとえで申し上げるのですが、胚芽精米のような搗精加工をするという

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ことは、白米一粒一粒に総合ビタミン剤のカプセルをくっつけている。このように理解していた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だくと、一番近いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
福島第一食糧卸協同組合 福島県福島市方木田字仲田23-3 TEL.024-546-3535(代表)
Copyright 2006 daiichisyokuryouorosi kyoudoukumiai.All rights reserved