胚芽米-福島県 会津産こしひかりを使用したはいが精米を販売
福島第一食糧卸協同組合

サイトマップ
HOME商品紹介組合の紹介リンクお問合せ

HOMEはいが健康ニュース>胚芽米教養講座1

 

胚芽米教養講座1

 

「食事と体の栄養」
女子栄養大学栄養学部長
五明紀春教授
(平成10年3月25日、福島市民会館にて講演)

 

 

第1話

 

 

女子栄養大学の創始者・香川綾が大学をつくるきっかけ

 

 

きっかけは昭和初期に香川綾先生と胚芽米との出会いからでした。

 

 

大正末期から昭和初期の日本の脚気病の死者数は2万人超でした。

 

 

当時、香川先生は東大医学部島薗内科の女医でした。

 

 

脚気病患者はどんな薬を投与しても治りませんでした。

 

 

ところが、島薗教授が提唱した胚芽米のおかゆで治ってしまう。

 

 

この奇跡的体験から医局をやめ、自宅を開放して近所の主婦

 

 

20人くらいを集め、食事指導、栄養知識の普及に取り組みました。

 

 

これが卒業生3万人の女子栄養大学の出発点となったのです。

 

 

学園の伝統に生き、仕事をしている一人として胚芽米の真価を

 

 

みなさんにお話したいと思い、福島第一食糧増田理事長の招き

 

 

で講演のため福島市に参りました。

 

HOMEはいが健康ニュース胚芽健康講座TOP

 
福島第一食糧卸協同組合 福島県福島市方木田字仲田23-3 TEL.024-546-3535(代表)
Copyright 2006 daiichisyokuryouorosi kyoudoukumiai.All rights reserved